×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ジャパンカップ 予想

2008年のジャパンカップの勝ち馬は?

まずウォッカ。どうやら今回一番人気に押されそうな雰囲気です
が、これまでの強さを見れば、この人気も順当だろうと思います。
ただ、それではなんの面白みもないので、ここでウォッカの死角
を2、3挙げてみようと思います。

まず、その距離適性の点ですが、過去のレースを見ても
らえればよく分かりますが、およそ1800メートルまでは
強烈な末脚が生かされますが、前走の秋の天皇賞を見れ
ば、 ダイワスカーレット相手に2cm差で勝ちはしました
が、内容を見ると、最後はいっぱいいっぱいで、むしろ
ダイワの方が負けて勝ったようなレースでした。ウォッ
カはむしろマイルレースで力を発揮するタイプに成長し、
前走の天皇賞の勝ちは、最初の1000メートルを58秒台で
疾駆した賜物。
ちなみに東京の1000での60秒切りは驚異的なものなので、
いくら今回2400メートルに伸びたとはいえ、 やはりそこ
はダービー馬、侮れません。とはいっても、先のダービ
ーを過大評価するのも禁物で、 実際、 硬い馬場の下で、
前残りのレースという結果だったので、ウォッカも地力
を発揮できたとも言えます。今回も3 〜 4着以内は確実
でしょう・・・というに過ぎません。

一方、マツリダゴッホ、左回りの東京ではいいところが
ないので、ダイワスカーレットとの対戦がある得意の中
山競馬場の有馬記念まで、今回は我慢したほうが無難な
模様です。ちなみに関東馬という点でも連対にも絡めて
いいものかと考えこんでしまいますが、この点では、同
じ関東馬ということでスクーリンヒーローにも言えそう
です。そのスクリーンヒーローも前走のアルゼンチン〜
は53kgの1着で、今回は57kgと、4kgのハンデ差はかなり
堪えることでしょう。さらに、左回りという点で、菊花
賞馬のオウケンブルースリにもこのことは当てはまりそ
うです。

外国馬も最近は香港のレースに流れて、ジャパンカップ
ではここ最近まったくダメな結果に終わっています。ま
た本来なら真っ先に推してもいいメイショウサムソンは
ここ最近は加齢によるものかレースのしすぎか、その衰
えが目に見えてくるようなレース結果ばかりですが、不
調の武豊から騎乗が代わったため、「来る」かもしれな
いと思った途端に、カイバ食いの悪さが伝えられており、
勇気がいりますが、思い切って外してしまってもいいの
かもしれません。

出走馬をみる


東京競馬 第 - 日 第11競走 第28回 ジャパンカップ(GI)
芝、左回り 2400m (国際、指定) サラ系3歳以上 オープン
斥量 3歳55kg 4歳以上57kg 牝馬2kg減


馬 名 性齢 重量 騎 手 厩 舎
- - アサクサキングス 牡4 57.0 ルメール 大久保龍
- - アドマイヤモナーク 牡7 57.0 安藤勝 松田博
- - ウォッカ 牝4 55.0 岩田 角居
- - オウケンブルースリ 牡3 55.0 内田 音無
- - オースミグラスワン 牡6 57.0 川田 荒川
- - コスモバルク 牡7 57.0 松岡 田部
- - シックスティーズアイコン 牡5 57.0 J・ムルタ イギリス
- - スクリーンヒーロー 牡4 57.0 デムーロ 鹿戸雄
- - ダイワワイルドボーア 牡3 55.0 北村宏 上原
- - ディープスカイ 牡3 55.0 四位
- - トーホウアラン 牡5 57.0 藤田 藤原英
- - ネヴァブション 牡5 57.0 横山典 伊藤正
- - パープルムーン せん5 57.0 スペンサー イギリス
- - ペイパルブル 牡5 57.0 ムーア イギリス
- - ポップロック 牡7 57.0 - 角居
- - マツリダゴッホ 牡5 57.0 蛯名 国枝
- - マーシュサイト 牡5 57.0 カステリャーノ アメリカ
- - メイショウサムソン 牡5 57.0 石橋守 高橋成
※ 枠順は11月27日(木曜日)に決定します。

予想、そのツール

カンタンですが、こうして絞った結果、残ってくる馬は、やは
りディープスカイということになります。

好調が伝えられており、厩舎によりますと、秋の天皇賞はあく
までジャパンカップのためのたたき台だったとのことです。
さらにその天皇賞の走りを見ていますと、余力を残したような
走りっぷりでしたし、 ジャパンCの距離適性の点も適っていま
す。

連対なら、社台ファーム系統の吉田氏やノーザンファー
ムに連なるポップロック、 スクリーンヒーロー、 アサ
クサキングス、オウケンブルースリ、ダイワワイルドボ
ーアも警戒して抑えとしたほうがいいと思われます。
付け加えれば、ルメールが騎乗することになったアサク
サキングスと共に、ポップ〜にはぺリエ、スクリーン〜
にはデムーロと、外国人騎乗で、社台系の馬もかなり本
気で来ていると考えて差し支えないと思います。さらに、
この中で絞れば、7歳のポップ〜 は除外して、ダイワ〜 
なら、菊花賞でそのダイワ〜に勝ったオウケン〜 を押し
たいところ。そうしたなか、好調がいわれるアサクサキ
ングスは、外せないでしょう。

最後に、上で外してもいいと触れたポップロック(※注1
) に関しては、ウォッカと同厩舎の角居から出走してき
ますが、人気薄でしかも7歳とはいえ、 ウォッカより状
態がいいから出走させるといった場合も見られるので、
連対で抑えておくプロも多いことでしょう。また、オオ
スミグラスワンも先の天皇賞で7着ながら大外からのも
のであり、 ウォッカとの差も0.3秒差でした。
それゆえ、連対への絡みも考えられます。


 競馬 〜 黄金の法則 〜  もご参考にしてみてください。



 ※注1 なおポップロックから、ぺリエ騎乗でトウセンキャプテンが角居
     厩舎から出走することとなった。福島記念との両にらみでジャパ
     ンカップを選択したが、 秋の天皇賞ではブービーの16着だった。
       (11月27日決定)